« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月に作成された記事

2009年10月30日 (金)

司法試験合格者のために

一昨日、一橋大学法科大学院の司法試験合格祝賀会に出席しました。私は昨年から、同大学院ビジネスローコースの実践ゼミ一こまを前期に担当している非常勤講師でして、企業法にかかわる最先端の話題を現役の社内弁護士またはかつて社内弁護士であった方をお招きして取り上げています。私もかつて社内弁護士でしたので、2~3回講義をするほか、各講師の講義中、しっかりと介入して学生達に質問を発したりします。

取り上げる法領域もちょっと広いので、学生達にはちょっと難しいかもしれませんし、予習も大変かもしれませんが、私とNHK社内弁護士で日本組織内弁護士協会理事長の梅田康宏弁護士が担当するこのゼミは、幸いにして学生のエバリュエーションで好評でして全員が講義に満足しているという結果がでているのは、うれしい限りです。

ゼミ生が合格できるのかは、実務家教員として大変気になるものでして、幸いにしてほとんどのゼミ生が合格できたのは、教師としてうれしい限り。その半面、失敗した学生はその実力からすれば合格してしかるべきであったと思うので、来年がんばってほしいと切に願うものです。

さて、最近の学生達は司法修習期間が1年になったこと、就職が厳しいこと、企業法務では専門家が進んでいることなどが反映しているせいか、我々が合格した30年前とはちがって、司法修習中、何を勉強すべきなのか教えてくださいという質問がいくつもでました。そこで、本日は司法試験合格者のために、私の思うところを若干のべます。

まず、実務家としての実力の基礎はどこからくるかというと、その要素はさまざまですが、理論的なものを身に着けているかどうかという点にしぼれば、それは民法の基礎理論がどれくらい身についているか、ということであると思っております。この点は、我々は授業の中でくりかえし強調しているところです。民法理論はあらゆるところで顔を出します。たとえば、代理と代表という概念の違いがわからねば、無権代理と無権代表の違いはわからず、表見代理と表見代表の要件の違い、効果の違いはわかりません。請負契約の瑕疵担保責任の性質と債務不履行、中でも不完全履行がどう違うのかがわからないと、実際の適用場面で処理をあやまります。

こうした基礎理論は、我々の時代は勉強時間が長かったこともあり散々やったのですが、最近の法科大学院生は必ずしもしっかりと身につけておりません。しかしこういう基礎理論がわかっているかどうかは、実務処理に大きな影響をあたえます。みんな、民法を条文をしっかり読んで、要件、効果、訴訟における主張立証責任と抗弁についてしっかり身につけましょう。

次に、司法修習に入ったときに会社法はほとんど勉強する時間がさけません。しかし、企業法務に興味がある者が、会社法がよくわからないといってられない場面はますます増えております。なにも大きなM&Aを扱う弁護士ではなくても、非公開会社の顧問として活躍する場合には、それなりの知識が要ります。ましてや上場企業にアドバイスするうえでは、会社法と金融商品取引法の知識は絶対必要となります。膨大な金商法を集中して勉強する機会は1年の修習では皆無でしょうし、焦ってやる必要もないと思います。しかし会社法は、しっかりと骨を抑えておけば、あとできっと役にたちます。何といっても、若いころに身に付けた基礎はなかなか忘れません。

その際に読むべき本はというと、何といってもおおすぎ先生他著の『リーガルクエスト 会社法』だと思います(注:おおすぎ先生からなにももらってません。もちろんこれはなにかくれという督促ではありません)。

なぜかというと、会社法に苦手意識がある私が読んで、実務をイメージしながら読める、わかりやすい、という理由からです(単純な理由。しかし教師が読んでもわからない本が学生にわかるものでもない)。

さらに、これから法律家の生活に入るすべての方々は、同業者とのつきあいも大切ですが、他業種の方々との交流を大切にしてもらいたいと思います。私はこれに気付くのにすごく時間がかかりましたが、30年の弁護士生活を省みて、他業種との方のかかわりあいにおいて様ざまなことが学べたと思います。私の金融商品取引法まわりの実務知識は、こういった方々との交流が支えています。なによりも私の経済の知識、マネジメントの知識、さらにリーダーシップや組織論の知識は、法律家以外の方から学びかつ啓発されて身に付いた(あるいは錯覚にすぎないかもしれないが)と思います。そして、何よりも、こういった方々との交流が人生を豊かにします。

また、弁護士としての職業倫理について覚えておいてほしいことは、我々の職業としての存在理由はすべてクライアントの正当な利益を守ることに尽きる、ということであります。そういう活動はもちろん相対立する側がいて争う場面もあるわけですが、そのフリクションを通じて何が基準になるべきかということが明らかになってくるのが、法の支配のプロセスなのです。これは人類の貴重な知恵でしょう。その原点に帰ることを、どのような立場にたっても忘れてほしくないものと思います。

みんな長い法曹人生がはじまります。切磋琢磨しましょう。そして他の人をempowerできるような生き方をしたいものです。

2009年10月26日 (月)

たくさんの出来事がおきた3週間

しばらく時間があいてしまいましたが、個人的にはあまりにもたくさんのことが起こった3週間でした、すべてのことはさまざまな理由から書けませんが、とても印象が深い出来事が続いています。いくつか備忘として書いておきたいと思います。

私はある地方公共団体の包括外部監査人で、9月中旬から包括外部監査を開始しています。わが監査チームは、東京弁護士会と第二東京弁護士会の弁護士4名と公的団体の監査に経験豊富な公認会計士1名のチームです。今、監査チームは決定したテーマについて深堀の監査を進行させております。守秘義務の関係で内容についてはいえないのですが、我々が監査にはいるにあたり、仮説としてもっていた国と同様の矛盾をかかえていないかということが、調べるほど明らかになってきます。

おりしも民主党政権は無駄を省くとマニフェストに宣言していますが、巷ではすでに挫折しているという評論がちらほら。地方自治レベルにおりれば、国が無駄遣いしている公共事業や補助金等が実は地方自治体を通じてしてさまざまな団体に流れており、その団体が行っている事業は確かに有意義なものもあるものの、地方公共団体の職員の天下り先になっているーこんな構図があります。民主党の国レベルの無駄の削減はやるべきことなのですが、無駄が省かれた結果として地方公共団体レベルではさまざまな問題が起きることはまちがいなく、大都市圏でない地方ではかなり深刻な影響がでるであろうということは高い確率でいえそうです。九州の田舎に旅行して、その感を実に深くしました。一体、民主党はこれがわかっていっているのか、相当不安になってきます。手をつけなければならない重い課題ですが、それこそ4年間はまるまるかかりそうな課題なのです。

そんな仕事をしている間に、郵政民営化見直しの閣議決定、それに引き続く日本郵政の西川社長の辞任となりました。私はこれらが報道されたあとは、怒りでしばらく言葉がでないという状況になりました。

そうこうしている間に、我が国の貧困率が14.5%とメキシコ、アメリカに次ぐワースト3番手であり長い間発表されなかったという報道もなされ、一体、自民党政権は何をやっていたのかという別の怒りもこみあげました。

私の配偶者の田舎などにいって実感するのは地方の疲弊はすざまじいということです。これが小泉構造改革の負の遺産であるとすると、なんで政府は修正策をうたなかったのかという思いがしました。私はいまでも構造改革路線支持です。しかし、その中でセーフティネットの構築が相当失敗していたということは認めなければならず、それに対する政策修正をしなければならなかったことは認めなければなりません。しかし、郵政民有化を否定することはたいへんな過ちと信じているものです。産業が簡単に興らない地方の経済を何とかしつつ、構造改革をすすめることは難しい課題です。しかし、不効率を残せば、やがて大都市に暮らす者も地方で疲弊にあえぐ人々と同じ運命になることは否定できないと思っています。

こうしたうつうつとした気分でくじけそうになっておりましたが、週末にかけて素晴らしく気分を良くしてくれる出来事がありました。楽天がクライマックス・シリーズに出場したこと、死力を尽くして日本ハムと戦った札幌の3連戦であります。

楽天球団オーナー代行は私の親友であり誠実な男です。巷を騒がした野村監督の「解任騒動」の裏側は書けないものの、楽天球団がファン本位でさまざまなことをやってきたこと、選手の精いっぱいの努力(空回りしたものを含めて)、選手を奮い立たせるための野村監督の半分プロに徹したスタンドプレー、粘る楽天打線、劇的なスレッジのホームラン、楽天と日本ハム両選手の野村の胴上げなど、実にさわやかで爽快な週末でした。楽天は日本の野球をまた面白くしてくれました。そういった爽快さが気分を癒してくれました。

そして昨日は、バイオリンの庄司さやかさんと伴奏ピアノの岩崎淑先生のサロンコンサートを拝見することができ、とてもすばらしい体験をさせていただきました。あのような確信に満ちたすばらしい演奏はなかなかお目にかかれません。鳥肌がたつという瞬間が数回ありました。実に贅沢な空間でした。

こうしてアップダウンの激しい3週間が過ぎ、今週は落ち着いた仕事ができそうです。

TOSHI先生のブログで紹介された日経のシンポの議事録を本日読み、いろいろと考えました。内部統制関係では11月5日の日本内部統制研究学会のラウンドテーブルに向け、あらためて思うところがあります。本日の日経法務インサイドでは、私の発言が引用されており、ちょっとびっくりしましたが、そこに取り上げられているMBOの問題点を含めてよく勉強しなければならないことがてんこ盛りになっています。また、トライアイズ監査役はついに解任され、監査役と経営陣が対立したときの問題点についていかに監査役が無力かが浮き彫りにされましたが、これも企業ガバナンスについて深く考えさせられる出来事でした。

あれやこれや気持ちの上でも肉体的にも大忙しの3週間でしたが、また明日から思うことを目いっぱい発信していきたいと思います。

2009年10月 6日 (火)

専門本を書くのは大変です

今年は私が執筆した本が次々と出版されておりますが、また一冊出版されました。

11350_mid 注釈金融商品取引法第2巻(金融財政事情研究会)がそれです。現時点における、金融商品取引法のもっとも詳細な注釈書で、28条から66除の26を解説するのに本文だけで920ページを超えているという分厚い本です。

早稲田大学の岸田雅雄教授が執筆・監修され、私も他の17名の実務家とともに担当部分(法30条~31条の5)を執筆しましたが、私の担当部分だけでも41ページあります。値段も9,400円と高価です。

このブログの読者の大半の方は、私が執筆したPTSの認可制とか、営業保証金というような金融商品取引業者の業務に関する規制については、まったくかかわりのないところで仕事をされているのではないかと思います。しかし、第一種金融商品取引業者の方でPTSを取り扱っている方にとっては、参考になる解説につとめておりますので、ご参考としていただければと思います。

金融商品取引法を専門とする者として、金融財政事情研究会から出版される最新注釈書の執筆陣に加われたのは、とてもうれしいことです。しかし、執筆については相当な文献調査を行い、原稿執筆にあたっては何回もやり直し、また、同僚パートナーの森下国彦弁護士にも見てもらいコメントをもらうという、とても時間も神経も使うしんどい作業でした。法律専門書を書くのはたいへんです。(専門書でないものを書くのは簡単という意味ではありません。)

ただ、執筆者が多数おり、岸田先生と編集部担当者の頑張りにもかかわらず、完成まで時間がかかったので、書いた本人は今読み返してみないと中身を全部おぼえてなかったりします( ̄◆ ̄;)。

専門書の出版が多い方はこの苦痛を繰り返しくぐり抜けているんだと思うと、すごいというか、変人というか、マゾというか(笑)。

多数の本を出版され、前著でもご一緒した新日鉄監査事務局の高橋均さんは、本を執筆することによる知識の全面的アップデートと整理の効用を力説されていました。たしかにそういう効果もありますが、私の脳の中の整理された棚は一杯になると、自動的にその棚から荷物をどこか別の倉庫に送ってしまうメカが相当早く働くようです。

このブログをはじめてから、ますますそのメカを意識しておりますが、ブログのいいところはほんとに備忘として書いて思考プロセスを残せること、たまに考え方についてのコメントをいただけるところです。

TOSHI先生の「ビジネス法務の部屋」みたいに、いつかブログの中身をブラッシュアップして本にして出版できるとすばらしいですが、TOSHI先生も4年間もブログを3日とおかずに更新し、あれだけいろいろな研究会や仕事もして、おまけに内部統制研究学会でギャグをかましたりしているのはすごいですね。やはりTOSHI先生も超人か関西人か(笑)。

2009年10月 5日 (月)

日本GP決勝は見ごたえのある戦いだった

TOSHI先生が書き込みをされてヘビーなレポートを期待するということですので、あつかましくも書かせていただきます。

日本GPはベッテルの優勝で終わりました。45週目にトロ・ロッソのアルグエルスアリが130Rでクラッシュしてイェロー・フラッグがでて、ベッテルの10秒以上のマージンは打ち消される事態となりましたが、ベッテルの速さは他のマシーンを圧倒しており、イェロー・フラッグ解除後残り4週で2位のトヨタのヤルノ・トゥルーリに4秒のマージンをつけて圧勝しました。ベッテルは終始速く、素晴らしい走りでした。

グリッド2番手で発進したトゥルーリは、期待にこたえ良くやってくれました。スタートのときに3位ハミルトンに抜かれ、その後の周回は明らかにハミルトンのほうが速く差をつけられ始めたのですが、ハミルトンのタイヤがたれたのでしょうか、ハミルトンのタイムが伸び悩み始め、少しづつですが追いついていきました。ハミルトン2回目のピットストップの間にさらにマージンをつめて、その後のトゥルーリの2回目のピットストップ発進後に抜き返すことができました。これはハミルトンの2回目のピット後のハプニングと、トゥルーリの2回目のピットワークのよさがもたらした結果です。

ハミルトンの2回目のピット終了後、明らかにピットレーン出口に向かうときにエンジンのミスファイアが発生し、タイムロスをしていました。私はマクラーレンのピットの斜め上から見ていました。ピット作業を終了して出て行ったハミルトンのエンジンが出口信号前で異音を発してあまり音がしなくなったときに、エンジンが止まったかと思いましたが、出口をでて50mもいったところで再びパワーが戻って出て行きました。彼も少しあせったでしょう。

おそらく、トゥルーリのピットではこの様子をみていたと思います。2回目のピット作業はすばやかったです。彼がピットレーンから出て行ってハミルトンの前に出たときは、たくさんの拍手がわきました。音でほとんど聞こえませんでしたが(笑)。トヨタさん、本当におめでとうございます。次回ブラジルないし次々回アブダビでは、ポーディアムの中央にぜひ立ってください。

ところで、チャンピョンのベッテルは、決勝開始前の午前11時30分から行われたパドッククラブの鏡割りに突然現れました。パドッククラブのお客さんは大喜びだったけど、決勝前、緊張感も高まってきているときに、仕事とはいえ前にでてもみくちゃにされて、それでも優勝を素晴らしいレース運びでうばっていくなんで、なんてすごい若者なんでしょうか。この冷静さは天性のものなのか、後から身につけたものなのか。

しかし、鈴鹿のメインスタンドにあんなに空席があるのはF1でははじめてではないでしょうか。シケイン後の高く増設されたコーナー席も下のほうは空席だらけ、また、第一コーナーをでたところのスタンドにも空席がありました。私にとってははじめての光景です。やはり景気の悪さは深刻です。鈴鹿のタクシーの運転手さんは2006年に比べると6~7割という感じと語っていました。

また、中嶋選手は残念な結果でしたが、もし中嶋選手が今シーズンもっといい成績で鈴鹿にこれたら、もう少しお客さんがきたのではないかと思いますし、ホンダが参戦していれば、もっとGPは盛り上がっていたと思います。経済を一刻も早く回復基調の軌道にのせ、ホンダを呼び返して、トヨタ・ホンダがまた競い合うような環境を早く作りたいものです。

そして、佐藤琢磨のような素晴らしい活躍ができる日本人選手がやはりほしいものです。その琢磨君はGP期間中いろいろなイベントで元気な顔をみせてくれていましたが、パドッククラブのモビリティランド(鈴鹿サーキット運営主体)のスイートではトークショーを行いました。もう一度F1のシートに戻りたいという彼の言葉に、皆さんが力強く拍手でそのサポートの意思を伝えていました。他のショーでもきっとそうだったと思いますが、ほんとに彼がどこかのチームにシートを獲得できることを心底願うものです。それとSGTやFポンで走っている若手ドライバーたち、ぜひ奮起して世界を目指してほしいものですね。

2009年10月 3日 (土)

日本GP速報

今日の鈴鹿は朝から晴れ渡り、プラクティス・ランの時から観戦日和となりました。

母国グランプリで注目された中嶋一貴選手は、プラクティスの時には最初上位5位以内のタイムもだして期待させましたが、昨日の雨で各選手はプラクティスの時は押さえ気味だった他の選手が序序にスピードが乗るにつれ後退、予選はQ1で17位でノックアウトされてしまいました。

プラクティスの時も感じていたのですが、ストレートの伸びが明らかに他の選手よりも悪く、ちょっとかわいそうでした。

やはりベッテルがはやく予選1位でした。2位はうれしいことにトゥルーリ、トヨタ、フロントロウ獲得です。3位はやはりはやかったハミルトンでした。ベッテルとハミルトンはプラクティスのときからとてもはやく、このふたりがポールを争うと思っていましたが、ヤルノは本当に頑張った!

それにしても事故がおおかったです。デグナーをでたところ、バックストレート、シケインをでたところなどいろいろな場所で4台がクラッシュ。明日のレースも荒れるかもしれません。スタート直後の第1コーナーがやまば。そのあとのS字からダンロップコーナー、デグナーに続くところで確実に差がつくと思います。

明日の決勝が楽しみです。以上、フラッシュレポートでした。

2009年10月 2日 (金)

再び改正貸金業法の負の効果の測定について

デイブさんという方から、貸金業法についての記事について大変楽観的なご意見をいただきました。40兆円は過剰に貸し付けられたものが消えたのではないかというものです。詳細はそちらの記事のデイブさんのコメントをご覧下さい。デイブさん、ありがとうございました。

コメントをいただいたのをきっかけとして、40兆円も過剰に貸付が行われていたのではないか、気にかかりましたので、何か資料はないかと探してみました。

週刊ダイヤモンド「弁護士大激変」2009円8月29日号に、潜在的リーガルマーケットの予測値がありました。それによると過払い金返還請求の市場は、年間80万人がこれを行うとして、一人当たりの報酬20万円で1600億円。報酬が20%とすると、返還金総額は8000億円にすぎません。

過剰借り入れそのものの数値ではありませんが、この数値一つとっても、40兆円も過剰貸付でマーケットが膨れていたとは思えません。信用収縮はまちがいなくおこっているのです。そして、40兆円のうちいくらがヤミ金融にむかっているのか、ここが問題です。その数値が知りたい、いや推計でも知るべきであろう、こう思うのです。

ところで、前回の記事で紹介した立法担当官の大森泰人さんは、「逐条解説 貸金業法」(商事法務、2008年)でこういっています。

「合法業者への規制強化により満たされざる超過需要がヤミ金融に向かう可能性は、いまなお否定する自信はない。」

「この書物で解説しているような制度改革を実施すれば、副作用として信用収縮が生じてしまう、といわれることがあるが、誤解を恐れずにいえば、一定の信用収縮は、改革の副作用ではなく、そもそもの目的である。「返せないなら借りるな」と「返せないなら貸すな」という主張はともに正しいが、借り手のリテラシーが直ちに向上しない以上、貸し手への規制によって、返せない人たちに貸さないようにするしかないし、その規制によって返せる人にまで貸せなくなるという副作用が一定程度生じてもやむを得ないという判断になる。」

大森さんがいかに肝のすわった官僚であるかがわかるというものです。しかし、信用収縮は確実に起こり、超過需要がヤミ金融に向かっていっていないかが立法当初から懸念材料であるならば、それが実際起きていないかどうかを追跡調査するのが役所と政治家の仕事というものでしょう。

借り手のリテラシーが向上しないなら、この政策を打つしかないといっていますが、そういう借り手はヤミ金融の恐ろしさが理解できるのでしょうか?ここが問題です。そういう借り手は金が必要と思ったら借りられるところに行くわけで、そこがヤミ金融の目のつけどころでしょう。

地方の疲弊は金が回らないことも一因としてあるわけですが、もし貸金業法改正により、それが引きおこっているとすれば、政治はどうすべきなのでしょうか。亀井さんみたいに「銀行は反省すべきだ」といって銀行の責任にしておけばすむわけはありません。グレーゾーンを許容していたほうが、生きるすべはあったとしたらどうなのでしょう?消費者側からは拍手喝采であった法律が、実は地方の疲弊を加速していたとしたら、こんな皮肉なことはありません。

そういうことも含めてトータルに政策の検証をすることが、金融行政を司る者の責務であると思うのです。

2009年10月 1日 (木)

損失補填等の禁止の不明確さは鈴鹿への興奮でひとまず棚上げ

本日はあるクライアントのために金融商品取引法上の損失補填等の禁止に関するメモを仕上げましたが、この規定は以外に分かりにくい規定で、民法理論との整理がきちっとしていないと思いました。そこでそれについて、備忘として書こうと思いました。

ところが、オートスポーツのウェッブサイトで、フェルナンド・アロンソのフェラーリ正式加盟のニュースと鈴鹿の準備状況をみてから、そわそわそわそわ。

すでに私はどうも興奮状態に入っております。そうです。明日から2009年F1日本GPが開催されます。TOSHI先生、すみません、私は明日、鈴鹿にむけたちます。(「ビジネス法務の部屋」の出版、おめでとうございます!)

というわけで、とてもまじめなことがかけそうにありません。社外監査役研究会の次のテーマについての資料に目をとおしてもすでに頭に入りません。

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…という状態です。

当ブログの堅い記事をご覧の皆様、申し訳ございません。ちょっと鈴鹿にいってまいります。

当ブログのF1その他レース関係記事をご覧の皆様、レースレポートを楽しみにしてください。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »