« DIP型会社更生第2号の日本綜合地所の会社更生の申立 | トップページ | DIP型会社更生申立て、早くも第3号で、ふと思うこと »

2009年2月 9日 (月)

今宮純分析:佐藤琢磨が選ばれなかった理由

F1ジャーナリストの今宮純さんが、「なぜトロロッソは佐藤琢磨を選択しなかったのか? その理由とは…。」という記事を書いているのを見つけました。

非常に冷静な分析です。やはり私と同じように、ニコラ・ドッドが動いてひっぱてきた可能性のある取引が記載されています。これが現実なのですね。

でも、私が感動するのは、やはり最後の部分です。

「日本最強ドライバーをこれ以上ひとりのまま放って置いてはいけない。日本スポーツ・パワーの衰退になりかねない。」

そうだよ!そうなんだよ!と、本当に思います。「あ~、デービット・リチャーズあたりが気が変わってHRF1買って、ニック・フライを追い出して、またバトン、琢磨で走らせてくれたらなぁ」、などと、絶対おきない夢をみたりして。。。今なら琢磨君は技量的にバトンを上回っていると思うのですが。

バトンも、道端ジェシカとロンドンでデートしている場合ではなかろうと思うんだけど。それにしてもHRF1の命運はどうなるのでしょうか?

« DIP型会社更生第2号の日本綜合地所の会社更生の申立 | トップページ | DIP型会社更生申立て、早くも第3号で、ふと思うこと »

F-1その他のレースの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098026/27926436

この記事へのトラックバック一覧です: 今宮純分析:佐藤琢磨が選ばれなかった理由:

« DIP型会社更生第2号の日本綜合地所の会社更生の申立 | トップページ | DIP型会社更生申立て、早くも第3号で、ふと思うこと »