« 内部統制報告書の記載内容は法定記載事項を満たしてるだけでいいか?(1) | トップページ | 米国連邦倒産法チャプター11の概要 »

2009年2月 5日 (木)

dbsbさんの池尾論文に対するコメント

デリバティブの専門家であるdbsbさんが、私のリクエストに応えて池尾論文について解説してくれました。こちらをご覧ください。↓
池尾教授の論考を読んで

いつもながらデータに裏付けられた分析はほんとに見事であり、クレジット・デリバティブとその市場について理解したいという方にはぜひ読んでいただきたいと思います。

dbsbさん、どうもありがとうございました。

ところでこの中で最後に触れられているデリバティブというと会計が胡散臭いと思っている人が多そうだ、という話ですが、私にとっては証券化や転売のために保有する不動産の評価に関する会計のほうがもっと胡散臭いような気がしております。なにせ、棚卸資産たる不動産は時価評価になじまないという常識があるようです。しかし、これは結構怪しいのではないかと思えます。

というのも私の親しい友人が勤める株式会社東京カンテイという会社は、物件価格や賃料の推移をかなりの頻度でアップデートし供給する不動産情報システムをもっているからです。会員にならないと利用できないのですが、これだけのデータベースを構築しているのには目を見張ります。これならば、不動産の時価評価も近い将来できるのではないか、と感じている次第です。

« 内部統制報告書の記載内容は法定記載事項を満たしてるだけでいいか?(1) | トップページ | 米国連邦倒産法チャプター11の概要 »

デリバティブ取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098026/27787006

この記事へのトラックバック一覧です: dbsbさんの池尾論文に対するコメント:

« 内部統制報告書の記載内容は法定記載事項を満たしてるだけでいいか?(1) | トップページ | 米国連邦倒産法チャプター11の概要 »