« 私立大学のリスク管理体制はなし? | トップページ | 子会社・関連会社の内部統制の「重要な欠陥」と親会社の評価(2) »

2008年12月 5日 (金)

ホンダF1撤退に、空を眺めて涙をこらえる

500億円という年間チーム予算がとても合理化できない、ということなのでしょう。ホンダがF1撤退を決定しました。経済環境の激変といえば、それはそうなのですが、大きくなった会社に機関投資家やファンドの目は厳しく、3年くらいさきの将来の収益予測をベースに考えればとても合理化できないということなのでしょう。投資家に説明がつかない、これが現在の決断の背景でしょう。経営陣は根性なし、とけなしてしまえばそれまでですが、そう話は単純ではなさそうです。こんな環境でも、ROE10%の要求という強欲なファンドがいっぱい存続するかぎり、経営陣は後ろ向きにならざるを得ないという側面が否定しきれません。そんな要求の内容を投資対象企業にばらまくファンドもあるのです。

トヨタが参戦する前は、日本の多くのファンにとってF1といえばホンダでした。スーパーアグリの撤退をつらい思いで聞いた多くの日本のF1ファンたちにとって、この撤退のニュースは打ちのめされる思いでしょう。私もかなりきています。スーパーアグリのほうがつらかったですが。亜久里さんのただただ前向きな姿勢が、スーパーアグリの撤退をさわやかな思い出に変えましたが、今回のホンダの決定はただただ苦いだけです。

たしかにHRF1は大きな問題をかかえていたと思います。エアロをバイクと同じと見誤った開発の失敗、英国化されたチームとホンダ本社との思惑のいきちがい、ニック・フライを頂点とする官僚の突出、バリチェロという高い買い物と佐藤琢磨の能力の評価ミス、などなど、あげたらきりがありません。しかし、それ以上に、現在の全世界の今後の売上予測を、100年に一度の大不況、金融マーケットの混乱を前に、冷静に見積もれば500億もつかってられないほど深刻だったということでしょう。

他のチームにとっても対岸の火事ではありません。フェラーリなどは、もっともこの不況で影響を受けます。レースを続けていくにしても、FIATの現状では撤退があっても不思議ではありません。バーニー・エクレストンも欲をこえている場合ではないのです。彼は今でもF1開催をしたいと持っている国などいくらでもあると思っているようですが、そんな国はいくつのこっているか、冷静に考えたほうがいいです。もう年なんだから、別れる奥さんにいくら渡すのはいやだ、なんていっていないで、F1をどう残すのかに残る余生をささげてほしいです。そうすれば彼は永遠に記憶されるF1の功績者となるでしょう。今ならば、F1を金儲けのすばらしい道具にしたてたというレベルでしか記憶されません。

ホンダの撤退はあらためてモータースポーツが存続しうる環境を知らしめました。しかし、モータースポーツの真髄に触れた者はその魔力に勝てるわけもありません。スピード、冷徹、激高、興奮、強欲、戦略、熱狂、戦術、最新技術、信頼、友情、憎しみ.....人間社会のすべてをぎゅっと凝縮して飲み込み、華やかな2時間のドラマにしたててF1はなりたってきたのです。我々を捉えてはなさない魅力は、予算が小さくなろうが、規模が小さくなろうが、おろかなアイデア(ワンメイクのエンジンとか)をとらなければ、きっと生き続けられるにちがいありません。ですから、F1よ、生き続けろ、と祈らずにはおれません。

さらにバトンが放出されたら、今、琢磨君が進めているトロロッソのシートのオッズも変わってくるのではないかと心配になります。バトンにうらみはございませんが、私としては絶対に琢磨君にシートをとってもらいたい、彼のあの成長した走りをトロロッソで見たい、そして表彰台にのぼる彼がみたい、という思いでいっぱいなだけに、不安になる展開であります。今年のストーブリーグはまったく目がはなせなくなりました。

« 私立大学のリスク管理体制はなし? | トップページ | 子会社・関連会社の内部統制の「重要な欠陥」と親会社の評価(2) »

F-1その他のレースの話題」カテゴリの記事

コメント

オファーが20件もあったんですね。ホンダの撤退は寂しいですが、どんなに不況でも、この世界にはモータースポーツを愛する気持ちが残っていることがわかって嬉しくなりました。僕はバイクが専門ですが、F1のエキゾーストノートは最高ですね。あれはまさに芸術だと思います。

つっちーさん

ご無沙汰です。モトGPもすごいですよね。去年はもてぎに見に行って、トップスピード300km近い風圧を受けながら走るライダーたちの超人的なコントロール能力にたまげました。

F1のエクゾーストノートは美しいですが、フォ-ミュラニッポンもなかなかのものですよ。機会があればぜひ見に行ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098026/25941138

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダF1撤退に、空を眺めて涙をこらえる:

« 私立大学のリスク管理体制はなし? | トップページ | 子会社・関連会社の内部統制の「重要な欠陥」と親会社の評価(2) »