« 内部統制の不備に「軽微な不備」を分ける実務的意義はあるか? | トップページ | 子会社・関連会社の内部統制の「重要な欠陥」と親会社の評価(1) »

2008年10月13日 (月)

日本GPにみるレピュテーション・リスクの回復の難しさ

本日、日本GPからゆっくりと帰ってまいりました。アロンソというドライバーの偉大さを非常に感じた一戦でした。それとともに、ハミルトンの第一コーナーの飛び込みの強引さに若さを感じました。

ところで、決勝前にINGルノーのパドッククラブから出てきたアロンソとちょうどばったりとあってしまいました。家内は目があったとたん、ぱちぱちと拍手をしだし、それにあわせて足早に歩くアロンソもぱちぱちと拍手をしだしました。私も拍手をしだしましたが、アロンソはあっという間にピットに繋がる階段へと去っていきました。1mの近距離からみたアロンソは本当にカッコよくて、風格さえ漂わせており、オーラで光輝いておりました。

さて、決勝が始まる前のメインスタンドをみて、がっかりしたのは、そこかしこに大きな空席が目立ったことであります。よくみると、第一コーナーのところにあるC1C2も満席ではありません。かつて日本GPでメインスタンドや第一コーナーに空席エリアがあるということなど見たことがありません。TV中継で見る限り、他のエリアでも空席が目立ったように思います。ヘアピンの自由席もずいぶんとゆとりがありました。

昨年度の運営については、ファンとマスコミから厳しい批判にあった富士スピードウェイでした。そのために20億円を投じて改修を行い、運営はきわめてスムースに終わったのですが、いかんせん、去年、会場でしんどい目にあったファンの一部は見放してしまったようです。関係者のご努力には敬意を表したいほど、立派なGPでしたが、一度傷ついた名声を回復することは、業種の如何をとわずいかに難しいことかとしみじみ思いました。

しかし、再来年にはぜひ満杯のGPにしたいものです。やはり、満席の日本GPが私は好きです。皆さん、来年の鈴鹿のあとの再来年は富士でお会いましょう!

« 内部統制の不備に「軽微な不備」を分ける実務的意義はあるか? | トップページ | 子会社・関連会社の内部統制の「重要な欠陥」と親会社の評価(1) »

F-1その他のレースの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098026/24483702

この記事へのトラックバック一覧です: 日本GPにみるレピュテーション・リスクの回復の難しさ:

« 内部統制の不備に「軽微な不備」を分ける実務的意義はあるか? | トップページ | 子会社・関連会社の内部統制の「重要な欠陥」と親会社の評価(1) »