« AIGとリーマンはなんで取り扱いがちがうのか?-米当局の迷走ー | トップページ | クレジット・デフォルト・スワップ取引の損失は様子見だって?? »

2008年9月19日 (金)

米国政府の不良債権買取構想はターニング・ポイントになるか?

新聞の論調はすべて、私の書いた方向へと流れていったようです。むろん、自分の意見の影響はゼロですが、すべての人の目に、米当局の失敗は明らかなのですね。

今朝の日経4面に、大和総研の武藤敏郎氏が公的資金注入の枠組みが必要と発言されています。基本的に同意ですが、米国では国法銀行の破綻の場合は、デリバティブ取引は政府が介入して他の金融機関にそっくりそのまま移す仕組みはあり、ただ、証券会社である投資銀行についてはこのような仕組みが整っていないのであると理解しております。作るのであるならば、このような仕組みとの組み合わせも考えるべきかと思います。

また、日経社説によれば、RTCのような仕組みをつくり不良債権処理を買い取るべきだというボルガー元FRB議長の提案が紹介されていました。

ここまで朝に下書きして、仕事をしてから仕上げようと思っていたら、米国政府が不良債権買取処理の枠組みの検討に入ったというニュースが入ってきました。しかし、その中身を読んでみるとまだ海のものとも山のものともわかりません。仮にRTCのような機構を構想するなら、資金の出し手は誰なのでしょうか?ポールソン財務長官もバーナンキFRB議長も、一言も公的資金を導入するとは言っておりません。また、その規模は?これもわかりません。

ポールソンとバーナンキは民主党、共和党の議会有力者にたたき台を示し、議会は超党派での政府との協力を約束し、ペロシ下院議長は「急いで動く、時間が重要(Time is essence)」と発言したと伝えられていますが、公的資金の導入については、伝統的に議会は反対の空気が強く、この間の状況の悪化でも、議会の空気は即簡単にOKの方向へはいかないと思われますので、この雰囲気には非常に違和感を感じます。

この手のプランの大枠も示すことなく、記者たちとインタビューして期待感を持たせる記事を書かせるのは老獪な政治家の常であります。当局者は、この手のニュースがトレーディング・ルームのTVに届いたとたんにどんなことがおきるか、お見通しなのです。投資銀行に勤務されたことのない方々にはわかりにくいかもしれませんが、ニュースのヘッドラインが流れたとたん、狩猟犬のようなトレーダーたちは一斉に買いに走ります。ほんの数秒でそのアクションはおこり、マーケットを巻き込んでいきます。トレーディング・ルームの「買いだ、買いだ!」と言う声、「いいか、マーケット・クローズのときは今日のポジションはクローズしろ」と利益の確定・鞘抜きを指示するトレーディング・ヘッドの声が聞こえるようです。

このような動きからダウは急騰したわけで、もちろんクロージング直前は値をすこし下げました。トレーダーたちには、構想の中身でもっとも重要な誰が資金を出すのか、どの程度の規模の買取資金が用意されるのかという点は全くわからない程度の情報を示して、マーケットを再びスペキュレーションの渦に巻き込んだのです。恐るべき、かつ見事な相場操縦ともいえます。

他方において、SECがマーケットに嘘の情報を流して空売りをかけた者がいるという疑いで捜査に乗り出したという報道がなされました。あたかも、数日間の相場の暴落は、リーマン救済をしなかったからではない、嘘のうわさを流した連中がやったんだ、といいたいばかりのようです。これは、情報操作をしているのではないかと私は疑いたくなります(ひねくれ者でしょうか)。

しかし、もし構想の中身が、公的資金が投入されず、例えば日本が最初やったような奉加帳方式であったりしたら、どうなるのでしょうか。また、不良債権の見積もりが不十分で、そんな規模の買取では、まったく効果として不十分とされたらどうなるでしょうか。マーケットは大変な失望売りとなるでしょう。それは現在、合併交渉を行っていると伝えられるワコビア、モーガン・スタンレーの株価にさらに悪影響を与えかねませんし、弱っているそのほかの金融機関の株価を直撃します。

私は彼らが議論している構想のもっとも重要な部分が、市場の期待を裏切らないことを心底祈りたいと思います。もし、公的資金の導入がなく、規模も不十分だったりしたら、市場のリアクションはこれまで以上になる可能性が大きいと思っております。そうなったときは、米政府首脳は万死に値するといえるでしょう。

<追記>

午後11時過ぎにCNNで中継された記者会見で、ポールソン財務長官は、プランは問題になっている不良債権を除去するだけの非常に大きい規模でなければならず、また、たとえタックス・ペイヤーの金を使ってもシステムの根本的原因の除去をおこなわなければならないと言明しました。これは公的資金導入により、相当規模の大きさの不良債権買取の仕組みを作らなければならないという宣言と受けとれました。疑ぐり深い私も、すこしほっとしました。他方、ポールソンは現在のレギュラトリー・システムは時代遅れで改革する必要があるといいました。財務省が用意する法案のパッケージはどのようなものなのか、また、議会は本当にOKするのか、が非常に注目されます。NYはがんがん上がり始めているようです。

<追記2>

今、ブッシュ大統領が、バーナンキ、ポールソン、コックスを引き連れて演説を終わりました。いままで聞いたブッシュの演説でもっともよかった、感心しましたね~。内容はポールソンの演説を全面的に支持するものでした。

« AIGとリーマンはなんで取り扱いがちがうのか?-米当局の迷走ー | トップページ | クレジット・デフォルト・スワップ取引の損失は様子見だって?? »

デリバティブ取引」カテゴリの記事

倒産法」カテゴリの記事

金融政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098026/23849575

この記事へのトラックバック一覧です: 米国政府の不良債権買取構想はターニング・ポイントになるか?:

« AIGとリーマンはなんで取り扱いがちがうのか?-米当局の迷走ー | トップページ | クレジット・デフォルト・スワップ取引の損失は様子見だって?? »